「今日父の日・夏至・ごみ屋敷主人は虎・北京情報!」

今日は 「夏至!」

夕方は全国で部分日食 といいますけど 曇っちゃっているよねぇ。


そして 「父の日」


 何を考えているんだか わかんない パパ虎君を ご紹介。


人間の世界にも こういう人 見かけますよね?
(私の身内にも こういう人居ますよ。。。)






「ゴミ屋敷主人の心境!」


このトラ君の気持ちを知りたくて


ネットの あらゆるところで
動画を探しましたが
全く 見当たりません。



多分動画は撮影されていないのだと
思われます。



画像は
インド自然保護区で
ミッチェル・ビッカー(Michael J Vickers)さんというイギリスの
カメラマンが撮影されたものです



ブログにアップに際して
この方を探したら
FBに素晴らしい 鳥の写真
を発表しておられましたので
友人登録のリクエストをして 


以下の通り簡単に
ご挨拶をさせて戴きました。




Dear Mr. Michael J Vickers ,
Nice to meet you.
Thank you so much for your really nice pictures,
I received a share.
Thank you again.
I wish your development more and more.


 Lily_sakuracat, from Japan.






そんなわけで、
画像は中国の微信QQからお借りしました。



[野生老虎叼斧头漫步草丛 悠闲自在]
野生の虎が
ピッケルをくわえて草むらを散策する



パパ虎:おいら なにやっているんだろう?自問自答の虎君







「ゴミ屋敷主人の心境!!!???」




しかし、このトラ君、このピッケルで なにをしたかったのでしょうね・・
まさか 食べ物とは思ってはいないでしょうけど。


私も 以前多摩動物公園のライオンが


メタメタに穴が開いたポリ容器を
振り回して遊んでいるのをみたことが
ありますけど


このトラ君は ピッケルですからねぇ~~


こんなものがインドの自然保護区に 落ちているなんて!!









他の子は知らん顔しているのに
この子だけがセッセと色んなものを運んでいる。












「北京情報」


北京市
「孔廟と国子監博館閉館」
元、明、清三朝祭祀孔子的场所である(創建1302年—1306年)


2020年6月21日(日曜日)から臨時閉館措置を採用し、観客に見学を一時中止。
最近北京市の疫病防止状況が厳しいため、孔廟と国子監博館の周辺にある北新橋通りと平里通りは疫病のリスク地域であるため。




「武汉派医疗队员驰援北京!」

武汉の先生たちも お忙しい!
武汉のときは お世話になったので
今度は 北京へ~





武漢協和病院によると、華科同済病院は北京中日友好病院を支援し、華科協和病院は北京協和病院を支援し、両病院から派遣された医療隊員は主に核酸検査任務を担う。



皆さんご存知と思いますが
PCR検査の正式名称は、核酸増幅法といいます。