動画・「密かに放水謠言」




三峡ダムは密かに放水されている との うわさがあります。
昨年 日本でも 記録にないほどの豪雨と河川の氾濫に見舞われ、
数箇所のダムでは、時間を定めて放水が行われるために
近隣の住民には 必ず通知されて 実行されました。




しかしですよ 長江三峡 地域では・・・


6月始めから再三見舞われている豪雨で
600キロにも及ぶこのダムは、 密かに放水されているといううわさが広まっているのです。



こっそり写したのか 
短い動画です。











長江の中流下流地域 一体どうなるのでしょう。
大商業都市が軒並みです。武汉もあります。



あの大量の水は まあ上海まで行けば 後は東シナ海ですから。その前に南京などの 大都市が控えています。




長江三峡 の遊覧コースには ダム見学放流見学も織り込まれていて
内外の観光客はその偉大さに驚き中国の実力を
見せ付けられます。(もっとも これが お国第一目的でもありますが)


船舶通用門 (お船の検問通路です)





ダムのお仕事は、上流で大量の雨が降り続き水量が増え河が氾濫するのを
抑えるのが役目なのです。そして おまけは 水力発電で電気を供給する
小学生の時に学校で習います。





結局 上流の大洪水は堰が切れると 中下流の大都市は大パニックを起こしてしまいます。



なので、三峡 問題は タブーなんです。それでも、中国人は、密かな放水を 数秒でも動画に収めてしまいます。





誰が撮影したか すぐに公安にばれてしまって、拘束されても構わないツワモノがいます。先日は
南方方面の洪水の動画をご紹介しましたけど



今日は 貴州省6月22日,
贵州省・遵义市桐梓县
遵義市(じゅんぎし と読みます)の大洪水の画像と写真をご紹介します。




動画
貴州と他の都市災害





6・22
貴州遵義桐梓県は洪水武装警察の緊急救援
武装警察というのは 中国人民武装警察部隊(武装警察部队)は、中華人民共和国の準軍事組織(国内軍ないし国家憲兵)として、国家の軍事力(武装力量)の一翼を担っています。













大分前 このブログで紹介したことがありますが
貴州省の都市部はそうでもないのですが、農村部に行くと中国でも貧しさのトップに上がる省で
都会に出稼ぎに出た両親が家に残した子供たち4人が 集団自殺した事件がありました。



長江三峡 は建造の時 反対派は 第一に心配したのが 世界中の 軍事目標になる ということでした。


このほど グーグルの衛星写真でも 世界中の専門家に指摘されているように 
ダムがゆがんできているのが わかるほどですから。


しかし 中国では当初から設計上歪んでいるので想定範囲内だと主張しています。やはり ここでも隠蔽手法ですかね・・。


例のごとく 私も、ウエイボのブロ友に聞くに聞けないですよ。答えは決まっていますから。




先日3000人組織の軍人が三峡 に配属されました。
これで 三峡 の情報は外部に流すことは出来なくなり、デマやうわさが 飛び交うことになります。



正常時でも 照片のような方が 
ガードしておられます。






今日は この位で次に続きます。



×

非ログインユーザーとして返信する