中国動画「三つ子のパンダちゃん6歳に」

みなさん こんにちは。
今日は 先日 ご紹介した 広東長隆集団の話題の続編です。




それぞれの話題なので 
どれが メインテーマか分かりませんが
ご笑覧くださいまし。




1)三つ子の パンダたち
2)ピアニストの お兄ちゃん 
3)長隆集団(广东长隆集团有限公司)勤務 私の親しい女性ブロ友
4)パンダの動画












世界で初の三つ子達は 2014年7月生
広州長隆野生動物世界で飼育されています。


今年7月で 6歳になりました。

2014年にも
私 このブログに書きました。








パンダの帰属は 
卧龙の「中国大熊猫保护研究中心」
成都大熊猫繁育研究基地
がメインで 地方の动物園は レンタルを受けている立場なのですが







この長隆野生動物世界だけは 先日記事で書きましたが 汶川大地震の時 政府に莫大は寄付をしています。
それで、帰属は基地ではなく 
この会社(長隆集団)所有のパンダということになります。





三胞胎(三つ子)の名前は
長女「萌萌」 モンモン 
長男「帅帅」シュアイシュアイ  
次男「酷酷」クゥクゥ







2018年暮れ 長女の「萌萌」に発情が見られ
四川・卧龙へ送り、昨年6月に目出度く成婚したのですけど、結果はねぇ・・・。(初めての発情だし、 まだ 4歳だったからねぇ)







さて~~
<パンダのオチビちゃんは・・・>


 大体100日くらいまでは
名前は付きません。
100日のお祝いの時に
公募や 基地内の投票で 起名となります。
上野の「香香」は公募でしたが・・




<思い起こすのに・・・>
三つ子ちゃんたちの 起名のお祝いの時には
中国・重慶市出身の著名ピアニストが
动物園の中にピアノを置いて
演奏しました。






先日 このブログにも書きましたが
ピアニスト
「李云迪」リ ユンディ (li yun di)  さん




最近の写真
(私 以前から この人のファンだけど 何時までも 若く見える)









このイベントというか セレモニーの時のことを
動物園の女性スタッフ いわく



訪問客は 甘いマスクのピアニストに ばかり 注目していて・・・
宝宝(主役のチビパンダ)たちは全く人気なかった・・・と
後日聞きました。









まあ~~私も このピアニストのお兄ちゃん
に注目しているのですが
元々 重慶市の富裕層の息子なんだけど
重慶に自分の博物館を作ったりして


なかなか やり手ですよ。





このお兄ちゃんもウエイボ微博にブログを持っています。 料理が趣味らしくて、ご自分で作った料理を 載せているので
コメントを入れると、多分マネージャーだと思うんだけど 直ぐ返事が来ます。






今年は三つ子たちも6歳の誕生日を迎えました。





誕生日セレモニーには 子供たちも毎年招待を受けます。
昨年は 賑やかでしたが・・・






毎年 人間の三つ子たちで 賑やか 
(熊猫館の前で)




コロナ騒動で
今年 控え目 参加子供たちも人数わずか。


余談だけど チャイナには 三つ子ちゃんが 多いいのねぇ。





甘いマスクの芸能人は 誰も出席しなかったようですね・・・









さて~


先日のブログでも 書きましたように この動物園さんとは 親しくメッセを交換していますが
其のなかの一人 女性の美人スタッフを ご紹介します。



知り合ったころ、日本に行ったら何が何でも
りりーを探すといっていましたけど、私の本名・住所も職業も教えているので 今は落ち着いています。






この会社の
「网络公关主管」 と言う肩書きです。いわば ネット担当。 广州大学卒業で、ここに勤務しています。


彼女
まさか これに乗って通勤しているわけではないだろうけど 以前から 右ハンドルのBMWで通勤しています。





最後に パンダの動画を  ご紹介しましょう。
ともかくコロナ騒動で今年は パッとしたのがありません。




一昨年の暮れ 私の広西百色市の親友(薬剤師の女性)が 
ここで飼育されている ”"婷婷"(2005年生まれ) ちゃんと "婷婷"の子供を撮影して贈ってくれました。



この”"婷婷"ちゃんも、2008年四川大震災の時、
長隆集団が卧龙熊猫基地から引き取ったパンダ4頭の中の 一頭です。






×

非ログインユーザーとして返信する