【 花の雪ちる 春のあけぼの ”桜” 】撮影りりー

こんにちは。


皆さんが 桜を コンテンツでアップしておられるので
今日は 私も・・・・




”  またや見む 
交野のみ野の 桜がり
 花の雪ちる 春のあけぼの ”




これは
新古今集の撰者で当時最大の歌人藤原定家の父であり、
千載集の撰者であった藤原俊成の詠んだお歌ですが。



「交野のみ野(かたののみの)」は、大阪府枚方市の地名。



古くから皇族の猟場として著名。



私の京都時代の友人グループの皆も 京都から 枚方へ数名引っ越ししています。











×

非ログインユーザーとして返信する