【 春の園 紅にほふ桃の花・・】撮影りりー

皆さん こんにちは。


「万葉集」の編者と言われる大伴家持の代表歌の一つに



” 春の園
紅にほふ桃の花
下照る道に
出で立つをとめ  ”


という お歌があります。これは 余りにも有名なので皆さんご存じと 思いますが・・




夕暮れに詠まれたであろう お歌ですが
春爛漫の時期、桃の花に夕日が映えてとても美しい。




そんな桃の花を見上げている少女が居り

ひっそりと 少女が 浮き上がって お歌になったのかも 知れません。




相模原市立横山公園




相模原市には 照手神社という小さいお社があって 「照手姫」さま が お祀りされています。


「照手姫」さまの伝説を書くと長くなりますので、別の機会に致します。

かって 横山公園に県の園芸試験場があって

そこで紅桃の花を改良され 照手桃と名前が付けられました。



「照手桃」 撮影りりー




この桃の花の特徴は横に広がらないで
縦に伸びてゆきます。








バックのピンクも 桃の花です。








紅桃とピンクの桃とのコラボです。








×

非ログインユーザーとして返信する