動画【中国ウイグルの綿不買運動】

こんにちは。


昨今 問題視されているのが
中国ウイグルの綿花不買運動。


原因は 中共政府におけるウイグル自治区(新疆维吾尔自治区)の人権無視に
関連付けられていますが


スウェーデンの衣料品大手H&Mが同自治区の人権状況に懸念を示して
新疆綿不使用を表明したことを避難する声明を中国外務省が先日
報じていました。



ウルムチを首府とした 新疆维吾尔自治区 (シンキョウウイグル自治区)

ウルムチ市(首府)





北京行き鉄路



は、
ウイグル族が 約45% 漢族が40%
その残りが カザフ とかキルギスとか モンゴルとかが 暮らしていて、


この前の 全人代の共産党大会にだって ウイグル自治区からは女性の党員も出席しています。


大半のウイグル人を強制収容所にいれて 中共は支配していると 言われていますが 確かにそうでありますけど、それは ごく一部の不穏因子を取り締まっているのです。



北京との位置関係








新疆綿は品質も良く、下にビデオでご紹介しますが
毎年9月から10月が新疆ウイグル自治区の綿花の収穫期です。




新疆ウイグル自治区の綿花栽培地域では、綿花ピッカーが綿花畑を行き来し、機械の轟音とともに機械的な収穫を行います。シーンは壮観です。




最も この広大な綿花栽培地は 中共政府の指導の下で、荒地だったところが このように近代化されました。





何しろ、ウイグル自治区には 漢民族も大勢暮らしていますからねぇ。




この地域で生産される新疆綿は、エジプト綿、スーピマ綿と並んで世界三大高級綿と呼ばれ、繊維が長く光沢があり高級品とされていて、日米欧に輸出され高級シャツ、高級シーツなどに利用されているのです。


綿農家は裕福です。






2021年、アメリカは自治区内で強制労働が行われている可能性があるとして新疆産の綿の輸入を停止していますが。




何も 中国に限らず 強制労働は世界中で行われていることですから。米国だって、黒人や有色人種に対して 強制労働を行っています。



何も綿工場で働く人はウイグル人だけではなく
漢族も働いています。




いずれにしろ、ウイグル自治区問題は、永久に解決を見ることはないと思います。





ウエイボ微博でも ブロ友が高級綿ウイグル綿のことをコメントしていて、私も是非世界の人が ウイグル綿を購入することを支持するコメントを書きました。









私の ウエイボ微博のブログ
https://weibo.com/u/5183758911







×

非ログインユーザーとして返信する