【 久方の光のどけき春の日に・・散る桜 】撮影リリー

こんにちは。


桜の命は とても短い。
一雨来たら さっさと散ってしまいます。







私の大好きな小倉百人一首(古今和・百人一首34番)に





"  久方の 
    光のどけき 春の日に 
       しづ心なく 花の散るらむ "


 (作者・紀友則)


という 余りにも有名なお歌があります。





「日の光が降りそそいでいる
のどかな春の日なのに、
どうして落着いた心もなく、
桜の花は散り急いでしまうのだろうか。」




余計に
物悲しい雰囲気が漂う桜のお歌です。






×

非ログインユーザーとして返信する