【もののふの 八十娘子らが・・かたくりの花】撮影りりー

皆さん こんにちは。



今や 絶滅危惧種とまで言われている カタクリの花
万葉の昔は かたかご (堅香子)と呼ばれておりましたけれど
読まれたお歌は たった 一首  大伴家持。




” もののふの 
   八十娘子らが 汲みまがふ
      寺井の上の かたかごの花 ”

 
大伴家持 巻十九 4143




大勢の乙女たちが、入り乱れて水を汲んでいる、寺の井のほとりに、かたくりの花が・・・。


カタクリも美しいけど
乙女たちも美しい。





神奈川県相模原市城山カタクリの里
撮影りりー






大伴家持は妾腹の子ではありましたけれど、聡明な男の子だったらしい。大伴家の当主として、跡を継いだのですが


大伴家持は男女のことでも早熟で、家持のお歌には 恋の歌が多いい。









×

非ログインユーザーとして返信する