【 母パンダ「萌萌」ちゃんの母子愛は、驚きです】成都熊猫基地

いつもランキングクリックありがとうございます(^_-)-☆





成都大熊猫繁育研究基地で
飼育員が持ち帰るのを忘れて、基地の放飼場に置き忘れていた
菜きり包丁を 舐めて遊んでいた
成都大熊猫繁育研究基地の
パンダ「萌萌」モンモンちゃん


この子は2006年9月
卧龙核桃坪野化培训基地で
うまれ 2008年に北京动物園に移動になってから 2012年まで 北京动物園で暮らしていました。


その後 回川(四川に帰る)してから翌年
繁殖計画に参加して
雄の双胞胎を産仔しています。


北京にいた時も、人気パンダで
北京动物園での虐待問題等があり
微博(ウエイボ)ブロガーも、直訴を募り
林業局などに出していたようです。


何もご存じない皆さんには
私も誘われましたが 
立場上お断りしました。


さて、 この「萌萌」ちゃん
なかなか 可愛い仔で
昨年出産した双胞胎のわが子が
可愛くて 可愛くて仕方ない様子が
手に取るように解ります。


ご覧ください。
「萌萌」一人ではしゃいでいます。
動画の作者も
「萌」の子供のことを 「萌宝」 「萌玉」
と読んでいますが
正式取名は「萌四」「萌五」です。
中国では 大切なものを 宝 とか 玉(ヒスイの意味)と 言います。



2018年 夏
「萌四 萌五」 姉妹
基地・月亭幼児園


2019/ 1月 母子




×

非ログインユーザーとして返信する