「繁殖プログラム”喬喬”ちゃんの場合」



毎年行われる繁殖プログラムで 昨年 私の心に残ったパンダっ子を
ご紹介しましょう。






昨年 9月17日
もと野生で救護された パンダ
“乔乔”(
喬喬) チァオチァオ ちゃんが
見事に 野外で双子の赤ちゃんを産仔しました。
(3月野外で野生パンダとの種付けに成功・順利産仔)




木の株のようなところで 産仔しているのを
監視カメラが撮影しています。






3ヶ月経過した12月 雪の中を
チビを何時までも野外において置くのは危険なので
林業局のスタッフさん 基地の獣医さんなどで
チァオチァオ母子を保護しました。


チァオチァオママは 
オスの赤ちゃん産仔

昨日ご紹介した 昭美の仔と 同年 2019級です














ご紹介した
パンダ“乔乔”チァオチァオは
2013年4月8日 行き倒れになって 立ち上がれないほど
衰弱して 発見されました。








場所は
四川省
四姑娘山(スーグーニァンシャン)風景区
ユネスコの自然遺産にもなっています。





救護された時
年齢的に2009年生まれ位と推測されて
2009年四川野外生まれ
という事になりました。
譜系号860と決まりました。



したがって 年齢は 今年で11歳
その間 2016年に産仔していて
昨年は2度目です








2008年・汶川大地震の時 手前の山山が一斉に
崩れたので 大災害になったのです。
あれから12年経ったので
大分木々が生えそろってきました。


「4娘の山」という意味で
一番高い山(四女)は 6000メーター級になります。右から
長女(長男)を大と呼び 次女、三女、四女という風に、中国では呼びます。
(日本からの 観光客も多いところです)


北京からの位置関係



四姑娘山






この山々は 四川パンダの保護区にもなっていて
大勢の野生パンダ達が 生活しています。











このように 野生パンダ達の生息場所は 断崖絶壁 急流も多く
脚をとられ 危険きわまりない場所が多いのですが
 野外で動けないパンダたちの救護に努力して居られる
国家林業局の職員の方々には
頭が下がります。
致敬! 致敬!





私の広西百色市の親友(中国人女性)が 一昨年基地で撮影した チャオチャオです。


チャオに 優しく
話しかけている女性の声が 親友の凌さん。


彼女には 今年のコロナ渦では 私 とてもお世話になりました。


20000円も運賃を払って 中国から日本の私のところへ
マスクやらティッシュやら トイレットペーパーやら を 山ほど送ってくれました。
彼女の一声で ウエイボ微博のブロ友たちが「日本のリリーさんに 人道支援をしなければ」 と言うことになったらしい。送料20000とは 凄いよね。
彼女は 広西百色市民病院の薬剤師さんですが 中国は薬剤師さんのほうが
ドクターより地位も高く給料も良い。




×

非ログインユーザーとして返信する