13只“2022級”ジャイアントパンダ宝宝が一般公開されました


四川成都基地も先日ご紹介したように
コロナ禍(covid-19)の影響を受けて閉鎖されていましたが
解放されて 


9月28日 (今日)
2022級新生児たち 13頭が 太陽産房に
集合しました。(正式には
4組の双子を含む15頭なのですけど)





因みに ご説明すると
成都基地は、
(2020年末現在)ジャイアントパンダの飼育個体数は215頭で、昨年の新生児は 含みません)


なので、広大な基地の中は、外部からの遊客や
基地勤務の、飼育員 職員などのために
様々なセクションに分類されています。


太陽マタニティルームと月マタニティルームの違いは・・・


特に赤ちゃんたちは
太陽産房(日中に生まれた赤ちゃん)太陽分娩室
月産房  (夜に生まれた赤ちゃん)月分娩室
が、生活しています。


見学客は、どちらへも行けます。


ママパンダの名前は、公表されていないので、
公表された時、また、ご紹介しましょう。








2日後に国慶節を控えています。
私も 毎年 国慶节のお祝いカードを
ウエイボ上に出しているので
それも 含めて 順次ご紹介します。



下の写真


卓球王国の中国をイメージし、
卓球ラケットと卓球台
建国「73年」


来たる建国記念日を歓迎し、祖国が繁栄し、繁栄する国であることを願っています。



という 成都基地飼育員の言葉でした。










ウエイボの私のページです クリックすれば飛びます










Lily-sakuracat



×

非ログインユーザーとして返信する