「戦闘モードと寂寞モード」



東京都・ 羽村市动物公園は こじんまりしていますが
アットホーム的で 私は 遠いけど 良くお伺いします。





数種の コンゴウちゃんたちが 飼育されています。
今日は 紅コンゴウインコちゃんの話題。
こちらは 羽毛が フ~^サ フ~~サ!!





丁度 お食事というか おやつの 木を カリカリ
カリントウの様に 召し上がっておりました。



撮影りりー






りりー :紅子ちゃん こんにちは!
紅  : フン!
リリー:あら!  そっけないのね!
紅: おばさん オイラ 男だよ~






りりー: 美味しい?
紅: 見りゃあ 解るでしょ。聞かなくたって。





りりー: イイ男 写真撮らせてね。






と言った 途端 突然 我々 眼が合っちゃった!


羽を広げて 威嚇してきました。
戦闘モード!!











その途端 おやつの木が口から ポロリ・・・・落ちちゃいました。
嘴に 木の破片がささったままです。


いつの間にか 事もあろうに 左には 攻撃用の棒が・・・


撮影りりー








チョットぉぉぉ!!!



りりー:可愛いい お顔で なんで 怒るのさぁ・・・



オ ヒョヒョヒョ ヒョ~~~~~









こちらは 東京多摩動物公園
穏やかな紅ちゃん。




紅: あ~~ 痒い


りりー: カワイソウだね トホホ。


撮影りりー






リリー:それにしても 掻きすぎじゃあないの?





頭のてっぺんの毛 どこへ行ったの?
涼しくていいんじゃあないの。
見栄えは悪いけど・・・

気にしなくて いいのよ。
人間だって そういう人いるから・・・







飼育されている鳥は ストレスもありますからね。


特に 动物園の鳥たちは
絶えず ニコニコ笑顔を振りまかなければ ならない。




×

非ログインユーザーとして返信する