中国国内十大死亡公路

こんにちは。


先日 中国四川楽山のブロ友が 結婚式場へ向かうために通過した
国道213号線(G213线)について
中国国内 最も危険な10本の国道のひとつ(危険3番目)にマークされているので
ご案内いたしましょう。


岷江(びんこう)は 長江の支流ですが かなり大きな川です。
213号線はそこを渡っています。



犍为岷江大桥(けんいびんこうおおはし)


夜景遠景







この橋のルートは赤線のところ
甘粛省から雲南の一番南まで。
(私が印をつけたので 多少誤差がありますけど)
四川省楽山市犍为を通っています。








成都の少し下のほうに 犍為 と言う地名を赤枠で囲みましたが
ここが ブロ友の地元です。

















宣伝には 213号線を 最美公路 などと宣伝していますけど
それは 四川省以外のところのことです。



とにかく四川省成都の直ぐ上 汶川(赤枠) 怖い 怖~~~い地点が 何箇所もあり
いつ崩落するかわからず 崩落しても迂回路も無く
挙句の果て どこで崩落したか 土石流にうずもれたか
2~3日前には 車で通行中の若い観光客3人が 車ごと行方不明になって 現在捜索中で
ニュースになっています。





2008年5.12四川大震災の時 広大な範囲に山崩れと土石流に
阻まれ 岷江の支流に土石流が流れ込みせき止められ 新しい湖が6個も出来ました。
結局6万人以上の死者がでた訳です。



中国の自然災害は スケールが大きくて怖いですよ。




各国の救援隊が支援に向かいましたが(日本も)現地の土石流に
阻まれて陸路は全く駄目でヘリの支援だけとなりました。


卧龙パンダ基地も震源地の直ぐ傍で、食料支援も途絶え パンダたちも草を
食べていた時期もあり、中国国内の動物園へ分散疎開しました。
以前 このブログで紹介しました。


2008年の大震災以来12年経つのに
未だ 寸断された箇所が沢山あります。



結局 四川の山々(岷山山脈他)が崩れやすい岩山ということです。




角度が急なこと、そして岩が堅くて もろいと
ちょっとした振動で崩れます。
(3.0~4.0クラスの地震が年中起きています)



治しても治しても 大雨や 小地震が毎年のように起きますので
まあ~^ 修復の繰り返しで果てしないということです。




以前は 私もどうって思いませんでしたが
2008年の大地震以来 地殻変動が変ったのか 壊れ方が ただものではなくなったので、無料ご招待を受けても(今はコロナ禍で無理ですが)

飛行機の移動だけにして 陸路は怖くて行けません。




奪命国道!!の写真をご紹介しますね。




特に都江堰から汶川あたりは (5.12大地震の時の ほぼ震源地。)



道路が非常に狭くて、2車線が山道で、道路の反対側は岷江(岷江支流)で、道路の端にも安全防護栅がなくて、路線全体のカーブが非常に多くて、道路状況が悪い。 しかも交通量が多く、主にトラック。



いつ山が崩れ 車が土石流に流されるか ビクビクしながら走らなければならないし 土石流が直撃すれば そのまま 車ごと 下の岷江支流に落ちでしまいます。
岷江の川底を探せば 沢山の死骸が出てきそうです。




トンネル内も  ぬかるみになる。



213号には こういう のどかな田舎道もあります







汶川地震以来 高速も開通しました。



×

非ログインユーザーとして返信する