動画「父兄抗議デモ騒然!!香港の次のターゲットは此処」

皆さん こんにちは。





9月1日より、中国も新学期が始まるのですが
今年は様子が大変なことになっています。






<中国・内モンゴル自治区>
当局が中国語教育を強化!
簡単に言うと


モンゴル語を使ってはいけません。
違反したら罰を与えます!!











今回のデモ騒動は 中国メディアでは報じられていません。
中華系のニュースを取り扱っているニューヨークのメディアのニュースから
お借りしました。




内モンゴル自治区と言うのは
モンゴル人民共和国ではなく



その下の細長い部分で中国の国土です。
日本で活躍しているお相撲さんは モンゴル人民共和国から来ておられる方たちで





内モンゴル出身は「蒼国来」さん。






<先週の金曜日から>
内モンゴル自治区の南部(通遼市、オルドス市、呼和浩特市など)で
数万人の学生と保護者が休講と抗議集会を始め、当局が中国語教育を強化することに反対。 学生全員がひざまずいて当局に新しい政策の回収を求め、無期限の休講を開始しました。


モンゴル人の 歴史も文化もなくなってしまう
と言う訳です。




 抗議者が怪我をしたり逮捕されたりしました 。



ある中学生は母親が逮捕されたので抗議のため、飛び降りて死んだというニュースもありましたが
これは 誤報のようです。







内モンゴル政府教育部門はこれまで自治区の小中学校教師の閉扉会議を召集し、9月1日までにバイリンガル教育を名に、





小学校1年生からすべて中国語教育を利用することを求めていたといいます。 事件は地元のモンゴル族の人々、教師、保護者、学生たちの大規模な抗議を引き起こしたのです。







フフホト市秋实中学校






いずれにしろ 9月1日から小中学校には生徒たちが出ておりません。






<教師たちも デモに参加>
内モンゴル自治区に対するこの双語教育モデル変更の方針は6~7月頃に打ち出され、国際社会でも、中国内モンゴル人からモンゴル語を奪うことになりかねない、と懸念が表明されていましたが 






9月1日新学期から実施 国語教科書はすべて中国語(漢語)が 各学校に
配られました。










<親たちの抗議デモ>
内モンゴル自治区の都市部の父兄たちは、中国社会で富裕になるためには 学歴第一主義なので 真剣ですが、しかし モンゴル族文化が失われることにも必死です。









姿格好が我々と全く変わりなく、大草原モンゴル族のイメージは田舎だけなんですねぇ。







内モンゴル大学
伝統もあって古い大学です。内蒙古には このほかに 科学技術大学など
10大学以上あります。何しろ中国は大学教育が盛んです。








逮捕者を運ぶ警察官。今回のデモ騒動で 軍は装甲車をだしたと報じられています。





フフォト市内蒙師範大学付属中学校の学生と保護者たちは学校の前で抗議し、連名請願活動を起こしましたが、警察に鎮圧された逮捕されました。









抗議中の
若いママたち(綺麗な人だねぇ)

中共政府は、分け隔てなく逮捕するので
ママ軍が 当局に逮捕されるのも
哀しいねぇ。


フフフオト市






郊外はのどかなんだけどねぇ・・




動画














×

非ログインユーザーとして返信する