【大熊猫・野外回帰 No8】

皆さん こんにちは。


ジャイアントパンダの 「野外回帰」コンテンツを続けます。





ムラゴンブログのブロ友さんも
新しくお知り合いになった方はご存じないと思いますので 簡単に経緯を・・




中国には政府機関で中国国家林業局(国家林业和草原局に呼び名が変わりました)というのがあって、ジャイアントパンダ(野生、飼育)の保護のみならず、内容は日本の農水省や林野庁と同じ内容の行政です。



その中の、 大熊猫野外回帰プログラムというのがあって、私は、かれこれ10年近く前から、このプログラムを 支持、点賛しており、今も変わりません。








さて、ジャイアントパンダ(大熊猫)「野外回帰」というのは、
2002年に世界中(日本も含め海外と中国国内)で161頭しかいなかった飼育パンダが
2020年 630頭に増えました。(幼仔44頭)
野生パンダを含めると2286頭左右。







そこで、絶滅危惧種のジャイアントパンダを救うために50年以上かかりましたが、以前から 注目されているのが
50年以上かけてジャイアントパンダを自然に戻す

プログラムで
これは中国のジャイアントパンダ保護者の使命です。

というわけで、野化培訓が始められたのは、2003年から。


野化培训というのは、母パンダと幼崽パンダがペアーで培训基地で、特別に訓練を受け、2年で仔パンダだけを保護区の原野に帰すプログラムです。








GPSを装着して放しますが、相手は動物ですから、パニックを起こせば、GPSだって 外れます。
第一回目の「祥祥」雄は、放して1年足らずで、雪の原野で死亡。




(深い雪の中を、首を振り振り、駆けて行った

「祥祥」の最後の後ろ姿は、今でも、中国のパンダフアンの涙を誘います。)






この事件は想定内とは言え
研究者・科学者の先生方の間で かなりの動揺があり、
そこへもって 2008年四川汶川大地震もあり、培训は途絶えました。プログラムの再開は
2010年から。





「祥祥」 野放セレモニーの日
毎年このセレモニーには、四川省人民政府、四川省林業局(国家林业和草原局)、阿坝藏族羌族自治州
(アバ・チベット族チャン族自治州)等々の お偉方が 列席されるのでお顔を拝見出来ます。







次に選ばれた「淘淘」オス。 2年間の培训後回帰、2012年。
「淘淘」と  母 「草草」




「淘淘」と  母 「草草」草草は野外で救護された野生大熊猫。

培训は、先生方は、縫いぐるみを着て、人間の匂いが付かないように配慮されます。




セレモニー 

「淘淘」の時






  
5年間確実に生き続けたということは
学者・研究者の先生方に少し明るい希望が見えてきました。








そして、「淘淘」の 次が 「張想」雌 
この仔は 2011年生 2年間の培训を受けて
2013年野放。


「張想」 と母「張卡」






4年後に雪の中で 元気に生存しているのが発見




そして 精密検査のため5年後保護されたとき そして このあと再度原野へ。


ジャイアントパンダが熊か と思うほど真っ黒になって それでも生き延びました。
















さて、今日ご紹介するのは
2014年に野外回帰された2頭のメスのパンダたちの故事です。



とにかく 哀れで 可哀想で 胸がとても痛みます。




中国の国家林業局や大熊猫研究者 学者の間で
先ほど解放した
「張想」メスが 抵抗なく 保護区の原野で 5年生き延びることができたのと
雄だと 野生のパンダとの嫁とりの熾烈な闘争があり
元来の野生種は逞しいので 命を落とすこともあり
メスの場合は、野生種との交配で妊娠すれば 元来の大熊猫を野生に帰すという
目的に近づくことに なるためで 計画が練られ始めました。






2014年、10月半ばに 2歳パンダの”雪雪”を野放し
雪雪 と母 思雪






続いて 2歳パンダ“新媛”を野放の予定が
放す前に“新媛”は培训中に死亡。



突然の死で私たちも 何が何だか 分からなかったのですが 内臓疾患だったということで・・



そして 


間もなく 先に放した”雪雪”も 山野で死亡してしまいました。



"新媛" と 母”龍欣”




”龍欣”の母親 ”雷雷” ("新媛"の祖母にあたります
1989年 野生で保護されましたが
左手がありません) 雷雷 の画像は次の機会にご紹介しますが
中国のパンダ基地には 保護されたとき腕を怪我したり
負傷して傷害を持つパンダも何頭かいて 手厚い保護を受けています




まだ 2歳仔なのに
余りにも 可哀相で哀れで
野放前に死亡した
「新媛」ちゃんと
母親 「龍欣」を 
拙いイラスト記事にしました。これは政府系中国中央テレビCCTV傘下のCNTVにブログがあったとき 書いたものです。





中国人のブロ友達が これを見るたびに涙が出ると言ってくれましたよ。


笹を背負って 天国へ旅立つ
我が子を 母は涙して見ています。




次のイラストは
天国で逢った
「新媛」と「雪雪」

二只とも 泣いています。






結局 この年、2014年は 野外回帰は中止になりました。




×

非ログインユーザーとして返信する